我が家の貯蓄はこんな感じです。

結婚してからですが、節減媒体を読み漁り近年に至ります。
トリビアとしては、便所のタンクに1~2リットルのペットボトルに水を入れて節約するとか流行りましたけど
ちょっとまって!確かに節水にはなりますが、下手すると便所のケガの理由になったりして逆にお金がかかったりする事は知ってますか?
今はペットボトルより便利に節水始める人間の産物が売っていたりするので、そちらも検討した方が良いかもしれませんよ?。
たとえば私も↑これはやってましたが、便所の内部のフタに細工する節水人間のフタにチェンジしてます。(3千円しなかったと思います)
ペットボトルで水を出す状態水の活気が減ってしまうので、便器に変色が付いたままになったりするが
ここは水の活気を減らさず節水なので変色も洗い流しつつ節減出来たりする。
他にもお水での節減ってどうにも多く、洗濯後のお水(洗剤サービス)を靴を磨くのに使ってみたり
おバスのお水を残しておいて洗濯もアリですが、おバス保守に使ってみたり
入り口の保守に残しておいたりと僕はやってます。
他にも私の在宅には畑があるのですが、お水をまくと水道価格が高くなるので
雨水の貯水タンクを購入して畑に使って水道価格無償だ。
電気での節減はタイマーとかの関係上続けにくいんですが、水道の奴は簡単に便利に節減叶うので
嫁入りその後20カテゴリーたった今でも水道の節減は続いていますし、まったく続けますけどね。

貯蓄=預金にこだわる必要はない

貯蓄というと、普通は銀行口座にお金を預け入れる「預金」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。かくいう私もその一人でしたが、あるきっかけから考え方が変わりました。
それは「貯金は個人が銀行にお金を貸してあげること」という基本の仕組みを本で読んだことです。結局は個人が銀行へ資金の貸してあげることであって、しかも貸した見返りは雀の涙レベルの金利ときたものです。
であれば自分で企業に資金を貸す株式の方が良いのではと思い立ち、早速証券口座を開き入金です。ここまでの行動はリスクもなく簡単なことですが、思っていなかったメリットがありました。
それは、これまで「貯金」としてみていた口座のお金が「軍資金」という見え方に変わったことです。

もともと私は貯金ができないいわゆる浪費癖の強い人間で、「いずれは株とかやってでっかい資産作ってやるぞ」などと考える計画性が皆無の人間だったのですが、預金のステップを挟まずに直接「軍資金」に回すことで、手元のお金を大切にする気持ちができました。「将来に備える」貯金から「戦闘力を高める」軍資金に考え方がスイッチしたのだと思います。
口座を開設するだけなら、リスクもないですし、私と同じ浪費家や夢追い人の方は、ぜひ試してみてください。株取引は気が向いたらやればよいですし、準備だけしておくという気持ちで。

年金生活では貯蓄などをする余裕はありません

“年金と障害者支援施設のわずかな給料では、生活するのに精一杯です、とても貯蓄までの余裕はありません。
毎月いくらかでも残すためには、贅沢をしないように、節約と言うよりも倹約をしています。

スーパーへ行っても遅い時間に行き、20%引きのシールが貼られているのを購入するとか、必要以外の物は買わない、
迷った時には買わないように、計画を立て、必要としているものだけを、買うようにしています、

ですから、なるべく、スーパーにも行かないようにしています、煙草を吸っているのですが、これが、一番の無駄だと思い、
たばこの本数を減らすために、電子たばこに、していますが、アイコスなどは、結構高いので、水煙草のタイプにしています、

こちらは、リキッドが、かなり安ので、そうしています。
収入を増やすためには、支援施設に真面目に通って、時給を増やすしかありませんが、これにも限界がありますから、
毎月年金と支援施設の給料で、10万円での生活です。

後2年たてば年金が少し増えるのですが、その分支援施設に通うのが大変になり、通う日数が減ると結局は同じになってしまいそうですね。
その分の埋め合わせに、今クラウドワークスで、少しでも稼いでいるのです。”

節約して貯蓄を増やす

貯蓄といってもなかなかたまらないのが現実です。

まずはおおざっぱでもいいので、家計簿をつけることから始めます。支払いの内容に合わせて通帳の数を増やすと、節約を考えながら貯蓄ができます。

家計簿といっても細かく仕分けするのではなく、一か月の収入額と支出額をチェックしましょう。

①毎月必ず必要な定額の支払い

月の支出額から、毎月必ず必要となる、住宅ローンや家賃、保険料や教育費を計算します。この支出額は毎月一定の額なのでひとまとめに考えます。

②毎月支払額が変わるもの

月の支出から変動がある支払い、電気・水道・ガスなどの光熱費や電話などの通信費です。変動がある支出は節約できます。ちょっとした電化製品などの節約や日々の節水を心がけ少しでも残るように通帳に入金しましょう。

③生活に欠かせないもの

食費や消耗品や医療費などにかかる費用です。

カードの支払などもここに分類します。月々の支払いに大きな変動が出るのがこの枠です。なので、節約が多くできるのもこの枠です。

①~③それぞれ、1か月に必要な額がで出ると、①~③の通帳は別々にしておきます。①は毎月の支払額が決まっているので定額を入金しておきます。給与の振込も①の通帳を使い、支払いは自動振替にしておくと良いでしょう。②は月々の支払いで変動性があります。季節にも影響してくる支払額です。毎月残高が0にならないように少し多めに入金します。光熱費や通信費も自動振替にしておきましょう。③は残った生活費を入金して必要な時に出金します。

毎月末に通帳の残高を見て、②③には節約できた残金が残っていれば、①の通帳に振替え、貯蓄をしていきます。使えないように定期にするのがおすすめです。

毎月の通帳のチェックで節約と貯蓄が一目でわかるようになります。