23年齢おとな1時代目の節約法

あたしは手取り約15万の、OLだ。まだ1年眼で自宅住宅ですが、
貯金が趣味で1年で100万は貯めようともくろんでいます。
そういった私の削減・貯金メソッドを紹介します。

①真昼はお弁当を作って出向く
毎日の真昼お代としてコンビニで約500円を使い果たすとして、それが月曜から金曜の5日間も続けば、週で約2500円は食費として飛んでいきます。
月々は約3週ですので、常々コンビニエンスストア食べ物が貫くと…食費だけでも愚者にならないのがわかりますよね。

②ネイルや美貌院はポンパレ
ネイルは正価5000円~高い店先で10000円はかかります。でも、あたしはネイルしてもらうステージ、始終3000円卓で済みます。
なぜかというと、ポンパレで切符を購入しているからだ。
このサイトは新しくできたネイルサロンや美貌院、食堂や宿屋などアクセスに力を入れるモールのために、
正価の金よりもうんと安くして切符を売ってくれているウェブなのです。
真新しいと言っても皆目クオリティーにネックは無いですし、非常にお得です。

③ネットでサイドジョブする
あたしは薄給ということもあり、ネットでお現金程度の収入を得ています。
あたしがネットで買取る収入源を紹介します。
・「キューモニター」
アンケートを応えると決め手が買え、500決め手から換金ができます。
1つのアンケートにつき、3~5ポイントです。今までで1500円は換金しました。

・「マクロミル」
事業最大のアンケートウェブだ。アンケートの数量・分類ともにたくさんあり、
ボリュームのあるアンケートを応ずると大きいもので100決め手もらえたりするので
3か月あれば1000ポイントは到達します。

以上がわたしの削減・貯金メソッドだ。

公共費の電気代の節約術について

公共費用は電気代が大多数のですが、冬や夏は冷暖房をつけるため、電気代が思いのほか多くなります。
そのため、夏は冷房の涼しい空気を扇風機で空気を循環させるぶん、冷房の設定温度は27度で、かなり涼しいです。設定温度は27と高く設定してある分、これも節約になります。

冬は、空調の暖房をつけると電気代が高くなるので、基本的には石油ストーブを利用します。
こらで、電気代は暖房をつけるより節約になるので、安くすみます冬場を通した電気代よりも、石油ストーブの石油代の方が断然安いと思います。

以前は北海道に住んでた経験もありますが、友人の家は備え付けの電気ヒーターだったので、電気代がかなり高いとボヤいてました。
私が住んでいたアパートは備え付けの石油ストーブだったので、アパートに石油を宅配で頼むので、タンクに満タン100リットルで1万円かからず、冬を越すことができるので、かなりの節約になります。

やはり、電気代を節約する事が、節約に繋がるように感じます。一人暮らしだと電気代もそんなにかからないので、大きな節約になります。
一度、電気代も極限まで節約してみると、1400円ということがありました。小さなことからでも、積もり積もれば大きくなるので、節約も同じ事だと思います。

節約のポイントは、早起きして出勤すること!

絶えず朝は定時直前に出勤し、終電近くまで働いて仕舞うぼく…。長期間残業をしていると疲れてエネルギーはなくなりますし、胃腸もすきますので、コンビニエンスストアやお弁当屋さんでおのずと買い食いしてしまいます。軽食、夜食集大成添えると千円近隣遣ってしまうこともしばしばです。
先日、あまりにも忙しすぎてたとえ残業しても販売が追いつかなかったので、昼前来て仕事をすることにしました。そのときに感じた明け方出勤の長所をご紹介します。意外と、友達が出勤していない朝の職場は極めて密やかで販売がはかどりました。次に、毎日内どうしても動き可愛く動くことができました。
そして軽減の顔からみたポイントは、対象も無くコンビニエンスストアに行かなかったということです。販売がスムーズに進んだのと、朝予め働いて終業時刻を過ぎると少し眠たくなったせいで、その日は延々と残業せずに舞い戻ることにしました。コンビニエンスストアに入ることもなくまっすぐに帰宅し、家で簡単な夕飯を作って食べました。夜にふところを開けてみたら、いつもの半分くらいの資金しか遣っていないことに気づきました。
このように早起きして出勤することは軽減にも達することに気づきました。仕事の能率も上がりますし、最も健全だ。これからも早起きで軽減!を続けたいと思います。

食費と生活用品を節約しましょう

食費を節約するコツは、ひき肉を使った料理を作ることです。ひき肉は、安く買えるお肉だとおもいます。
ひき肉料理って、なんとなく手間がかかると思ったりする人が多いと思うのです。確かにそうかもしれませんが、ひき肉料理は美味しいものがたくさんあります。
ハンバーグ、つくね、ロールキャベツ、しゅうまい、肉団子、ピーマンの肉詰め…。その他にもあんかけにして厚揚げやお豆腐にかけたり、カレーの具にしたり。ひき肉レシピはたくさんあるのです。
うちのスーパーでは週に一度くらい、ひき肉の安売りをしているので、そのときに購入し、使うぶんごとに冷凍にして使います。色々なお料理が出来るひき肉は、手間はかかるかもしれませんが、オススメです。

それと、生活用品を節約するコツは、100均を活用することです。欲しいものがあったら、こだわりがないものは100均をのぞいてみるといいと思います。
私はこの間、瞬間接着剤を購入しました。全く問題なく使えました。
お弁当に使うものも、可愛くて安いものがたくさん売っています。物によっては100均のほうが高いものもありますが…。
生活用品だけでなく、1歳児くらいが食べるお菓子やレトルトなども、100均のほうが安いです。ちなみに賞味期限間近とかではないです。

結婚して夫婦で節約し期待だった家屋を建てました

二男の彼と結婚したので最初は酷いマンションやりくりからの新婚やりくりでした。婚姻でお金が一切なくなったのでゼロからのスタートだ。夫婦で正社員で働いていましたので子供ができるまで貯金をしようと決めていました。正社員で残業もありましたが、メニューは一切自家製だ。夫婦でお弁当を持っていうので外食費用も無でした。日曜日にまとめ買いをし相当、元を仕込んでおけば簡単にクッキングができるように仕込みしました。冷凍取り込みもいいですね。使いたいように切ってラップに包んで冷凍しておけば簡単に夕ごはんができてしまいます。

光熱費も節約しました。娘が3人様できたのですが、家族全員でお銭湯に入り瓦斯費用を節約しました。お銭湯のブランク湯で洗濯し、便所もブランク湯で流していました。娘も紙おむつではなく布で育てました。おしりふきなども買わず、ハギレなどで代用していましたね。電気も早寝早起きでおんなじ客間にいれば電気代もかかりません。冷房は必ず暑い日だけだ。扇風機で我慢しました。冬場は厚着をし暖房費を節約しこたつだけだ。小さいマンションなので万全でしたね。こうして5年間で800万円を積み増し念願のお家を組み立てることに成功しました。これからも引き下げやりくり頑張っていきます。

節約は考える事で始まる。移動手段について~とにかく歩く。

ちょっとした、場所への移動には,バスや電車、時にはタクシーだったり、レンタカーかも知れません。私は,バス、電車、自転車、そして徒歩です。私の住んでいるところはバスの連絡が良いのでバスを使う事が多いのですが、その際,一番大切なのは,時間をいかにしっかりと認識するかです。一番いいのは,なるべく早めに外出すること。早ければ早いほど,選択肢が増えるので、安心してバスを利用できます。が、早めになんか外出できないよ~と言う方にお勧めな方法があります。とりあえず、歩くのです。
バスの運行状況というのは毎日あやふやなもの、しっかりと定まっているものがあると経験的に思うのですが、どのバスをチョイスするかがとても大切です。一番大切なのは,歩くのは確実だが,バスよりずっと遅いことを認識すること。歩くのは少し離れたバス停まで行くことに限定してみることが大切です。もし、何キロメートルか歩いてしまうと、時間単位で大切な時間が失われてしまいます。私も何度となく歩きすぎて約束の時間に遅れたことか。皆様にはまず遅れないためにも、長距離を歩くという選択は外して下さい。
それから歩いて目指すのは、たくさんのバスがきているターミナルや乗り継ぎ場所への移動です。ここで運良く、違う路線で有りながら、近くまで行くバスを拾うことができます。(確率的に行ってもかなり高くなるのです)自分がどのように移動しているかが重要な判断基準ですね。このようにすれば、間に合う可能性は高くなります。歩くことはより便利に楽しくバスを利用するためなんです。最後に節約ポイントです。最終的にタクシーを拾うことになってもバスで近くへ行けば行くほど、節約できます。この努力は決して無駄ではない。それから、バスはかなり割引率が高いチケットが出ていることが多いです。例えば、一日乗車券のようなものです。そういうものを使うだけで交通費がかなり節約できます。節約を心がけても時間に遅れない。そのために徒歩はとても有効な手段です。

ポイントカードを賢く使って節約しています

一人暮らしのころはポイントカードなんてあまり興味がなく使い方もほとんどわからず、作っても使わないままなことが数多くありました。

そのため気付けば何のポイントカードかわからないカードの山が大量にあって定期的に捨ててばかりいました。

しかし、結婚して自分がすべての家計を任されるようになり少しでも多く節約できないかと考えたときにポイントカードの大切さを改めて実感することができました。

いろんな場所でカードを提示するだけでポイントがたまるものや、クレジット機能になっているもの、ネット購入の際にポイントがたまるものなど形状は様々ですがこれらをうまく使うことでかなりお得にお買い物ができます。

まず一つ目はTポイントカードでコンビニや飲食店、本屋など色々なところでポイントはたまりさらに使うことができます。

使える場所が多いのでポイントもたまりやすく、私は絶対値引きがされないコミックや雑誌などでポイントを使っています。

そして私が一番お得に感じているのは楽天ポイントカードです。

ポイントカードとクレジットを合併させることで様々なところからポイントはたまり、楽天市場でポイントが使えます。

そのため最近は気になる商品はすべて楽天でポイントをためつつネット購入しています。

私の場合公共料金や携帯代などすべて楽天カード出払ってもいるので基本的に一月で1000円程の割引が可能でかなり助かっています。

これからもうまくポイントカードを使って節約しながら上手に買い物をしていきたいなと思います。

カードのポイントを意識した節約方法

毎日、何かお得になればと思い、最近携帯会社のカードでポイントがたまるというのをやっています。

私の場合はauのau WALLETですが、色んなものをカードで支払うとその支払った金額が一円一ポイントで溜まるので、お得だと思いやり始めました。

出来るだけ公共料金もこのカードで支払うようにすると、翌月のポイントがまとまったものになるので、お得ですし

カードを使ってもすぐに使ったことが携帯に送信されるので、いくら使ったかすぐに把握出来て、使い過ぎも予防できます。

また、すぐに使った金額が送信されることでカードを悪用されるということも防げるので安心です。

我が家は、毎月引き落とされる公共料金に一か月の食費をプラスして引き落とされる口座に先にお金を入れておきます。

そうすることで、カードをどれだけで抑えなければいけないという抑制にもなりますし、毎月溜まったポイントが数字に出るだけでも楽しみになるので

辛い節約とかいう気持ちがなくなっていいのです。

更にカードを今月このお店を利用したら倍のポイントがもらえるなどのお得情報もくるので、そこでも得したりします。

こうして毎月溜まったポイントで、自分へのご褒美にランチに行ったり、子供の洋服をかってあげたり出来るので

何もやらずに普通に支払っている人にはおススメします。

一段とお得に節約するためには?

普段から節減しようと思って頑張っているヒトはたくさんいると思います。
周りでも安く注文を決めるとか、食物を不要無く使い切ろうとか、電気をこまめに消そうとか、節減の対策はさまざまですね。
日々の細かい節減は、定めでとても大事ですが、本当に見落しがちなのが、当たり前のように支払ってある大きな総計の利潤。
そこを見直すと、一段と凄まじく節減がとれるかもしれません。

トップ手入れができそうなのが、やはり保険だ。ほとんどの人が所属してるだろう「生命保険」や「車保険」。
一旦所属したら、なんとなくそのままで、見直す機会もないまま決済続けていませんか。

最近は、ファイナンシャルプランナーが無料で相談にのってくれて、保険を見直してくれる社がたくさんあります。
そういったところを上手に使って、一体全体お利得であった保険を作ることが節減につながるかもしれません。
それから「住居融資」が起こる形式。これもなんだか払い続けているかもしれませんが、
ちゃんと見直してずっと利息の少ない融資に借り換えたほうが、やはりお得になることもあります。

まさか不便だし、以前決めるって思って忘れてしまうが、その間にもしかしたら、余分な利潤を払っていらっしゃるかも?
一度、思い切って見直してください。

節約して貯蓄を増やす

貯蓄といってもなかなかたまらないのが現実です。

まずはおおざっぱでもいいので、家計簿をつけることから始めます。支払いの内容に合わせて通帳の数を増やすと、節約を考えながら貯蓄ができます。

家計簿といっても細かく仕分けするのではなく、一か月の収入額と支出額をチェックしましょう。

①毎月必ず必要な定額の支払い

月の支出額から、毎月必ず必要となる、住宅ローンや家賃、保険料や教育費を計算します。この支出額は毎月一定の額なのでひとまとめに考えます。

②毎月支払額が変わるもの

月の支出から変動がある支払い、電気・水道・ガスなどの光熱費や電話などの通信費です。変動がある支出は節約できます。ちょっとした電化製品などの節約や日々の節水を心がけ少しでも残るように通帳に入金しましょう。

③生活に欠かせないもの

食費や消耗品や医療費などにかかる費用です。

カードの支払などもここに分類します。月々の支払いに大きな変動が出るのがこの枠です。なので、節約が多くできるのもこの枠です。

①~③それぞれ、1か月に必要な額がで出ると、①~③の通帳は別々にしておきます。①は毎月の支払額が決まっているので定額を入金しておきます。給与の振込も①の通帳を使い、支払いは自動振替にしておくと良いでしょう。②は月々の支払いで変動性があります。季節にも影響してくる支払額です。毎月残高が0にならないように少し多めに入金します。光熱費や通信費も自動振替にしておきましょう。③は残った生活費を入金して必要な時に出金します。

毎月末に通帳の残高を見て、②③には節約できた残金が残っていれば、①の通帳に振替え、貯蓄をしていきます。使えないように定期にするのがおすすめです。

毎月の通帳のチェックで節約と貯蓄が一目でわかるようになります。