水道代を1円でも安くする日々の訓練

私の節電の極意は「くずも積もれば山野とのぼる」なので、1円たりとも無駄に断ち切る暮らしを心がけている。一際水道料金は活動が数量で見えて明るいので楽しみがあります。湯船のお湯を洗濯に取り扱うのは当たり前ですが、家では節水シャワーを目前ストッパーyesの物にして、ほんの一瞬でも使っていない間は止めて余計節水反響をアップしています。また基本的に健康や髪を洗うお湯はすべてバスから組み上げ、シャワーを使わないようにしています。あらかじめ健康を流してから入浴すればバスのお湯は汚れないし、最後に仕上げのすすぎだけ綺麗なシャワーのお湯を使えば十分です。

バスの湯量も最低限にして、乳児と一緒に入って嵩継ぎ足し行なう。これで残るお湯をを洗濯につぎ込み、もっと残るお湯を翌日のお湯船扶養に使えば、一括払いの入浴ら貯めた140リットルのお湯が決して振り捨てる案件無く活かしきれるので、惜しい感じも感じません。そもそもうちには追い焚き稼働がないので、四六時中お湯を替えなくてはいけないので後湯を活用するしたないのです。このようにちっちゃな活動をし始めてから、気にせずシャワーを使っていた折よりも水道料金が2ヶ月で最大で2000円近隣安くなりました。現在は前回よりも1円でも安い注文価格を目指して、二度とこまめな節水を心がけている。

お家は水道代はいくら位かかりますか?

我が家では無理のない程度にできる範囲で、小さな事に気をつけて、水道代を減らすように心がけています。

そんな我が家のプチ節約方法を紹介します。

水道代で、一番水を使うのはお風呂と洗濯物ではないでしょうか。

我が家ではお風呂のお湯は12リットル程です。少なめですが、身体をしずめて肩まで浸かってみたり、半身浴のようにしてゆっくり浸かったりしていると、身体は以外と充分温まります。

そして、残り湯はもちろん洗濯物に使います。

さらに残ったお湯はお風呂掃除に使います。

シャワーヘッドは節水タイプにつけかえて、出しっ放しシャワーをしないように心がけています。

寒いと、どうしても出しっ放しにしてしまう時もありますが……

でも、これだけでも毎日の事なので請求金額は変わってきます。

ちなみに洗濯機は、スピーディーコースで、すすぎ一回にしています。

この時、強い衣類洗剤だと、どうしても残ってしまったりするので、無添加や低刺激のものを使っています。

次に水道代を使うのが洗い物ではないでしょうか?

我が家では洗い物は汚れの強い物はかるく流して、あまり汚れてないお茶碗などはそのまま洗い桶に入れ、しばらくつけてから洗うようにしています。

こうする事で汚れがとれやすくなっているのでもう一度蛇口をひねらなくても、すぐスポンジでこすれます。

そして、すべての食器をスポンジでこすり終わったら、洗い桶もスポンジでこすり、かるくすすいだら、その桶の上ですべての食器をすすぎます。

こうする事で桶にまた新しい水を溜めながら、すすげるので一石二鳥です。

使った水の量もあまり多くありません。

我が家の節約はこれ位ですが、良かったら参考にして下さい。