節約して貯蓄を増やす

貯蓄といってもなかなかたまらないのが現実です。

まずはおおざっぱでもいいので、家計簿をつけることから始めます。支払いの内容に合わせて通帳の数を増やすと、節約を考えながら貯蓄ができます。

家計簿といっても細かく仕分けするのではなく、一か月の収入額と支出額をチェックしましょう。

①毎月必ず必要な定額の支払い

月の支出額から、毎月必ず必要となる、住宅ローンや家賃、保険料や教育費を計算します。この支出額は毎月一定の額なのでひとまとめに考えます。

②毎月支払額が変わるもの

月の支出から変動がある支払い、電気・水道・ガスなどの光熱費や電話などの通信費です。変動がある支出は節約できます。ちょっとした電化製品などの節約や日々の節水を心がけ少しでも残るように通帳に入金しましょう。

③生活に欠かせないもの

食費や消耗品や医療費などにかかる費用です。

カードの支払などもここに分類します。月々の支払いに大きな変動が出るのがこの枠です。なので、節約が多くできるのもこの枠です。

①~③それぞれ、1か月に必要な額がで出ると、①~③の通帳は別々にしておきます。①は毎月の支払額が決まっているので定額を入金しておきます。給与の振込も①の通帳を使い、支払いは自動振替にしておくと良いでしょう。②は月々の支払いで変動性があります。季節にも影響してくる支払額です。毎月残高が0にならないように少し多めに入金します。光熱費や通信費も自動振替にしておきましょう。③は残った生活費を入金して必要な時に出金します。

毎月末に通帳の残高を見て、②③には節約できた残金が残っていれば、①の通帳に振替え、貯蓄をしていきます。使えないように定期にするのがおすすめです。

毎月の通帳のチェックで節約と貯蓄が一目でわかるようになります。