上手なお金の使い方=上手な生き方

家庭内でお金を握る側は、主導権を握れるからいいと思われがちだが、うちのような節約必須の裕福ではない一家だと、一概にはそうは言えない。

私は結婚当初から家計簿をつけていた。

主に生活費を出してくれるのは夫なので、何にどう使ったかの『みえる化』は必要だと考えたからだ。

だが、家計簿をつけると、なぜか急な出費が増えている気がして、頑張ってるのにうまくいかない。

月末まであと5日…食材は買いだめしたし、今月はなんとか数千円は貯金できそうだ、

と思っていたら、急なお祝いや弔辞でお金を包まなくちゃいけなくなったり……。

これはなんのタイミングなんだろう(笑)

それでも、家計簿をみて責められるのは私だ。なんで、臨時出費の分を前もって貯めて置かないのかと…。

貯めておかないんじゃない、おけないんた。

家族3人食費と雑費合わせて3万円以内で済ませた時ですらこの言われようなので、正直お金を握るのは、私にとって苦痛でしかない。

こういう事が増えてしまって、家計簿をつけるのが億劫になってしまって辞めた。

記入しながら、うんうん唸るだけで、1時間机から離れられなくなることもざらだった。

どうせ赤字になるなら、時間の無駄だって思ってしまったのだ。

家計簿を辞めてから3年、現在3人目を妊娠中だ。

家計簿をつけないと、もっと悲惨なことになってしまった。

考えても、考えなくてもダメ。

節約を頑張りすぎても、家族全体がすさんでしまう。

かといって、好き放題使いすぎる、使わせすぎると、生活は一気に破綻してしまう。

出産を終えてしばらくしないと、働きに出ることは不可能。

働きに出たところで、乳幼児の保育料は非常に高く、すずめの涙程度にしか、お金がもらえない可能性だってあります。

さて、このピンチをどう切り抜けようか…?

家計を預かるのは、家族の命を預かるも同然、出費上手の生き方上手になって、家族を導いていきたい。

節約疲れ解消も大切

節約ブームもすっかり定着して、節約が当たり前の時代になっていますが、そんな節約ばかりの生活を続けているといわゆる節約疲れというものも上手に解消していかなければなりません。「節約疲れ解消のための貯金」というのができていればうまくガス抜きとなって節約ペースを乱さずに続けていくことができます。

そういった節約解消貯金がなければ我慢しきれなくなったときに歯止めが利かないようにお金を使ってしまうパターンが多く発生してしまいます。いわゆるダイエットといえばリバウンドが起こってしまうのと似た状態です。節約ペースを守り続けていくためにもときどきはご褒美として節約解消用に貯めておいた貯金から使うようにしておくとむやみにお金を使いすぎることもありません。

お釣りを利用した節約解消貯金でもいいですし、予算よりも安く購入できた時の差額などをコツコツ貯めておいてもいいと思います。それらはあくまでも生活費や通常の貯金とは別にしておいて使うということが大切です。貯まりすぎれば貯金に組み込んでもいいですし、旅行用などの貯金にもプラスしてもいいと思います。そういう貯金も早く使いたいと懸命に貯めるものでなくなんとかできている範囲で実行するのがコツです。

ふるさと納税は節減&貯金に達するかもしれません!

現役家庭の節税対策の1つとして、昨今話題になっているのがふるさと納税という構造らしいです。

我々も図書で特集されているのを見かけて始めてその立場を知ったのですが、賢く活用するとうまく
減少&預貯金に励める局面と罹る気がしている。

ふるさと納税というのはデザイン的には自由に自分でできるエリアに募金をして、その感謝としてそちらの地元の
おいしそうな特産小物が贈られて現れるという制度になっています。しかし、後から支払って要るタックスから
募金金をしたお金が各家庭で基準は違いますが、控除繋がることになり、ファクト苦しみは数字万円購入したとしても
2000円のみとのぼるお得な構造なのです。

ということは感謝小物の大量の食べ物分け前がいともお得なポイントと達するということです!

タックスが多すぎるな~なんて思っている住居には、かなりのお得な節税戦術になることはへま
なさそうなので、実に活用してみるのも良いかもしれませんね!

今年からは勤め人でふるさと納税を行っても確申に行かなくても手入れが見込める
構造ができたらしいので、そのあたり敢然と学んで睿智を習得してみたいものです!

減少&預貯金は簡単そうだけれども、現実にはかなりのボルテージとど根性と根気が必要だと言える
ものだと思います。

だからこそ、お得に楽しみながら行ってみるのも仲間かもしれません!

お財布にも手荒れにも優しい食器用洗剤の使い方

食器洗い洗剤は何を使っていますか?皆さんが一番よく使われているタイプの食器用洗剤といえば、新品のボトルから直接スポンジにつけるストレートタイプの物だと思います。
実はストレートタイプの食器洗剤でも、薄めて使ってもちゃんと綺麗になるんです!

私がやってみた方法はこうです。
まず、新品の洗剤ボトルと空の洗剤ボトルを準備します。新品のボトルから空のボトルに目分量で半分くらいに移しかえ、空だったボトルには水を加えて満タンに。液量か50%になった新しいボトルには液量ご60%ほどになる様水を加えます。どちらもこぼれない様に蓋をして優しく上下させて完成です。

油汚れの無い食器や食洗機にかける前の洗い物には空だった満タンのボトルを使います。
油汚れや茶渋など、1回できっちり落としたい洗い物には新ボトルを使って洗い物をします。一度試してみて、どちらの薄め方も自分好みにしてみると上手くいけば、快適さは失わず、1本分の洗剤から2本分の分量になるかも知れませんよ‼︎

私もそうなのですが、手荒れしてしまう方も濃い洗剤に触れる機会が少なくなるのでおすすめです!
洗剤が無くなり、新しいボトルを使い始める時が挑みやすいですね。もしくは、半量薄める方は違いの分かるお気に入りのボトルを見つけると洗い物も楽しくなりそうですね!
是非試してみてください!