節約のためには生命保険の見直しも有効です

医療保険や死亡保険と言った生命保険は、万が一の時に必要な自助努力として必要なものです。

しかし、本当に必要最低限の保険ではなく、一般的には無駄に大きな保険に入りがちと言えます。

保険を販売する立場の人は、それが多くの保険会社の商品を扱う取次店であっても、自社の収入アップの為に過大な保険を進めがちだからです。

例えば、日本の健康保険制度では、自己支払いの上限があり、そうした制度を考えた上で適切な保険加入を考えると、多くの方は不必要に大きな保険に加入していると言えるのです。

フィナンシャルプランナーの中には、この健康保険制度を踏まえれば、20万円の引き当ての預貯金があれば、医療保険に加入は不要だとアドバイスされるかもいるほどです。

死亡保険に関しても、子供の教育費が嵩む年齢時に保障金額を進められるままに増やし、子供が独立して、大きな額の保証が不要になっても、そのまま見直さずに掛け続けている無駄が見られるのです。

これは保険会社は、保障金額の上積みの必要性を訴えても、ライフサイクルの中で、もう保障金額を下げても良く、下げるべきだとアドバイスしてくれないからです。

保険会社の見直しの話に乗るのではなく、自分でじっくりと勉強して生命保険を見直せば、掛け金の大きな節約が可能な事が多いものなのです。

貯金ができない人への救世主制度

私も夫も昔から貯金が大の苦手でした。

しかし、結婚してからは万が一に備えての予備のお金を作っておかなくてはと貯金を決意、そんな時に私たちの救世主となったのは会社の『財形貯蓄制度』でした。

そもそも貯金ができない理由というのは、持っているお金を全て使ってしまう癖が夫婦揃ってあったからです。

そのため、私達が努力したのは財形貯蓄をすることではなく『財形貯蓄をしていることを忘れること』でした。

そもそも自分たちで銀行に行って手続きする必要がない財形貯蓄は、数ヶ月すると忘れてしまうものです。

そして1年たってから財形貯蓄の残高の通知が家に届いて夫婦そろってびっくり。

今まで貯めたことのない額が貯金できていました。

結婚を機に貯蓄をするということは、心機一転気持ちを切り替えるのにもとても有効的です。

自分達は特に何もしなかったにも関わらず、財形貯蓄で数十万の貯金に成功できた私達には自信と覚悟ができました。

私たちのように新たな生活が始まる新婚さんや新入社員の人、私たちのようにズボラでお金を使うのが大好きな人ほど財形貯蓄をしていくことをお勧めします。

財形貯蓄は申請さえしてしまえば何も面倒なことはなく、あとは会社に手続きを一任出来るというのもズボラ夫婦にはオススメです。

23年齢おとな1時代目の節約法

あたしは手取り約15万の、OLだ。まだ1年眼で自宅住宅ですが、
貯金が趣味で1年で100万は貯めようともくろんでいます。
そういった私の削減・貯金メソッドを紹介します。

①真昼はお弁当を作って出向く
毎日の真昼お代としてコンビニで約500円を使い果たすとして、それが月曜から金曜の5日間も続けば、週で約2500円は食費として飛んでいきます。
月々は約3週ですので、常々コンビニエンスストア食べ物が貫くと…食費だけでも愚者にならないのがわかりますよね。

②ネイルや美貌院はポンパレ
ネイルは正価5000円~高い店先で10000円はかかります。でも、あたしはネイルしてもらうステージ、始終3000円卓で済みます。
なぜかというと、ポンパレで切符を購入しているからだ。
このサイトは新しくできたネイルサロンや美貌院、食堂や宿屋などアクセスに力を入れるモールのために、
正価の金よりもうんと安くして切符を売ってくれているウェブなのです。
真新しいと言っても皆目クオリティーにネックは無いですし、非常にお得です。

③ネットでサイドジョブする
あたしは薄給ということもあり、ネットでお現金程度の収入を得ています。
あたしがネットで買取る収入源を紹介します。
・「キューモニター」
アンケートを応えると決め手が買え、500決め手から換金ができます。
1つのアンケートにつき、3~5ポイントです。今までで1500円は換金しました。

・「マクロミル」
事業最大のアンケートウェブだ。アンケートの数量・分類ともにたくさんあり、
ボリュームのあるアンケートを応ずると大きいもので100決め手もらえたりするので
3か月あれば1000ポイントは到達します。

以上がわたしの削減・貯金メソッドだ。

食材のまとめ買いは本当に節約になるのか

私が主婦になりたての頃、家計の節約のためには週に1回のまとめ買いがいいよと教わりました。スーパーに買い物に行く回数が増えれば増えるほど、お金を使ってしまいがちになります。
確かにそれはそうで、週に1回だけまとめ買いとして大型スーパーにで買い物することが、最終的に出費を抑える事につながる事は間違っていないと思います。

しかし、主婦として未熟な頃は、1週間の献立をまとめて考えるのはなかなか難しいし、せっかく安いからといってまとめ買いした食材を無駄にしてしまうこともありました。
結局、まとめ買いが節約に結びつくかどうかと言うのは、主婦力のレベルにもよると思います。近くに安いスーパーがあるのであれば、3日に1回程度ちょこちょこ買い物するほうが、かえって節約になると言う場合もあります。

また、乾物や缶詰など、長期間ストック可能な食材は、1ヵ月に1回大型スーパーに車で行って安くなっているものを買いだめすると言う方法もあります。
このように食材の買い物は、数日に1回新鮮なもの、1週間に1回比較的長くキープできるもの、1ヵ月に1回長期保存できるもの、と言うふうに段階的に行うのが、1番節約できるのかなと思います。