一人暮らしの節約術!

私は今現在、一人暮らしをしている会社員です。貯蓄をしたくても支払いが多く生活をするだけでもやっとの状態です。

それでも貯蓄をしたいという思いが強く2年前から節約をしようと決意しました。

そしてようやくその節約で浮いたお金を貯蓄出来るようになりました。

私の節約術はこちらです。

その1:電気代の節約

一人暮らしでは電気を使うことが日常茶飯事です。

テレビやエアコン、冷蔵庫と毎日のように使いますよね?

しかし、これらを上手く節約出来ないかと考えました。

これらの中でも一番効果があったのがエアコンのの節約です。

エアコンは電気の中でも一番電気料金が跳ね上がりやすいようです。

そしてエアコンの節約として

・使う時間を1時間減らす

・風量はレベル3が限度

・フィルター掃除の徹底

・こまめに電源オンオフはしない

というような項目は絶対に守りました。

この中でもこまめに電源オンオフをしないという項目は私も勘違いしていたのですがつけっぱなしの時よりも繰り返し電源をつける方が電気料が高くなるようです。

項目を全て1年間守ることで約6,000円以上の節約に成功しています。

え?それだけ?と思うかもしれませんが電気代だけでこのくらいの金額を節約出来れば十分に貯蓄出来ますよ!

私の節約方法。

私は結婚当初から節約の為、「家計簿」を書いています。書き始めた頃は、節約の為と思って始めたのではなく、ただ「書いてみるかな」ていった軽い感じでしたが、今となっては、「家計簿を書く事が、節約につながっているな」と思っています。今、家計簿を書き始めて4年2ヶ月が経ちましたが、今まで続けてこれているのは、私の勝手なルールがあるからだと思います。

そのルールはとても単純なものです。「その日レシートをその日のうちに整理し、その日のうちに、家計簿に書く事」これだけです。ですが、このルールが私には合っているようで、続けられているのだと思います。家計簿を書く事によって、ムダだった出費が分かり、反省し、来月に活かす事が出来ますし、食費なども明確に分かります。

明確に分かる事によって、だいたいの平均が把握出来、月の途中からでも、食費を抑える事ができますし、抑えないと!という気持ちが出てきます。これが、無意識のうちに、節約へと繋がっていくと思っています。私一人だけが、意識していても、微微たるものですので、私は旦那さんと共有しています。2人で、家計簿を見る事も大事ですね。2人だと、節約への意識も2倍です。これからもずっと家計簿を書いていきたいです。

貯め時はいつまで

小学生と幼稚園児の2人の子供がいます。専業主婦なのですが、住宅ローンもあり、子供の習い事や食費がかさみ始めなかなか思うように貯蓄が出来ていません。きちんと家計を見直そうと今かかっている生活費などについて細かく見てみることにしました。昨年の家計簿を引っ張り出してきて思ったこと、それは私や子供たちの洋服代が多い事でした。ついついセールだからまとめ買いしておこうと今着ているサイズよりワンサイズ大きい洋服を買い込んだり、靴も買っていました。でも、子供の服の好みもあり何着か着ていない服もありました。私の服も、同じような形のものを買ってあまり着ていない服も多くありました。

今は子供もまだ小さく、大きくなるとどんどん教育費も増え、食費もすごくかかると思います。なので、本気で家計を引き締めようと今年からしていることは、「週単位で考える」ことです。今までは月単位で生活費を管理して、ただ家計簿に記入するだけの作業でした。でも、それでは途中でどれだけ使ったか気づかないもので月末になるとピンチを迎えることがたびたびありました。今年から1週間に使えるお金を決めてコントロールしています。買い物に行く時も計画を立てていくことを心がけています。

かわいいアクセは手作りで節約!

お買い物中に「カワイイ!欲しいな…」と思ったアクセサリーや、

ふと街中で見かけた素敵なピアスやネックレス。

「あれ、どこで売ってるんだろう…?」と思ったら、わたしは自分で作っちゃいます!

流行ったコットンパールも、アクセサリーパーツのお店で買えば激安。

ひと粒チェーンに通すだけで、上品シンプルなネックレスが出来上がっちゃいますよ◎

材料費だけだから、お店で買うよりもぜったいお得だし

自分の趣味に合ったものを作れるから、必ずお気に入りになります!

「なんとなくこんなデザインが欲しい」と思ったものを作れるのも、ハンドメイドアクセサリーの魅力のひとつ。

流行りのデザインも、明日着たい服にぴったりのアクセサリーも、安く作れるからやめられません!

例えばお店で3000円くらいだったイヤーカフも、自分で作れば材料費の1000円程度でそっくりのものが作れます!

コツをつかめばどんどん上達するし、うまく出来たものは安くで友人に売ったりもして、節約どころか稼げることも?

食事代を抑えるのも、交際費を抑えるのも、人付き合いがあってなかなか難しいという女の子でも、きっと始められる節約術ですよ◎

必死に節約してます!という辛さもないので、気付けばお買い物に使っていた出費が抑えられちゃう方法です?