節約大好き主婦の節約のやり方はビックリします

私の知り合いの節約大好き主婦は、節約のやり方がプロの様に上手でいつも見習いたいと思っています。その知り合いの節約大好き主婦から聞いた節約のやり方を紹介しますと、まず家の襖や障子などの簡単な張り替えはホームセンターで材料を買って来て自分でやるみたいです。また合成素材の、ソファの切れた部分や穴などは100円ショップで同じ色のテープを購入して補修して長く使うみたいです。

それと、一番驚いたのは水道代を節約する為に水道の水の勢いを少なくする器具を使用していたり、お風呂の残り湯を掃除や庭の花などの水やりに使っているそうです。それから髪の毛の白髪染めは旦那さんに染めて貰ったり、髪の毛を切るのは知り合いの人に安く切って貰っているみたいです。

それと自分が着るセーターやベストなどは、全部自分の手作りで安い毛糸を買って来て作っているので流行りなどに左右されないので長く着れるので洋服代の節約になるみたいです。それから旅行に行く時も素泊まりの安い宿を選んで、食事はこっちで激安スーパーのカップ焼きそばやお菓子やお茶などを持って行って食べるみたいで、普通に節約をしている人達も旅行にはお金を使う人が多いので、私の知り合いの節約大好き主婦は本当に節約のプロだと思います。私も、節約大好き主婦を見習って節約をして貯金を貯めたいと思います。

貯金は無理せず楽しく。

貯金があまり得意ではないのですが、我が家では一週間ごとにあるルールを決めて、そのルールを守れなかったら貯金箱に100円を入れます。例えば、娘は習い事しているピアノの練習をしなかったら100円。私はトイレ掃除をしなかったら100円。もっと簡単なルールは、おはようを言わなかったら100円、ただいまを言わなかったら100円。

それ以外にでも、変わったルールとして、娘とは女どうしなので、たまに、意見が合わずに大喧嘩にまで発展することがあります。そんなときは、仲直りした時に仲直り記念と言うことで、お互いに500円づつ入れたりします。これが結構貯まります。ちゃんと規則正しく生活できるし。

何より貯まっていくのが嬉しいので。楽しく貯められるっていいですよね。楽しく貯められると言えば、昔、つもり貯金をしたこともあります。欲しい物があっても買わずに我慢して、つもり貯金として貯金箱に入れるのです。ワンピース欲しかったらそれを買ったつもりとしてその額を貯金箱に入れるとか、貯まったらディズニーに行こうと話して、そんなこと話してる時間も楽しいですし。うちの貯金箱は中が見えないのにしてあります。その方が開けたとき楽しいし見えてるとどうしても開けたくなっちゃうから。貯金は楽しくするのが一番だと思います。

一円でも安いものを購入しよう

私の近所には大型スーパーが3店舗ほどあります。

どの店も安く商品を売ってるのですが、店によって違いがあります。

生鮮食品が安いところや、地元の野菜に力を入れてるスーパーなど

それぞれに特色があります。

スーパーの特色を理解して、安いものだけを買うのが節約術だと思います。

私の場合はまず新聞広告のチラシを見るところから始めます。

だいたいどのスーパーも曜日別でお得なものを販売しています。

自分の買いたいものは特にチェックしておき特売日に合わせて

買いに行くといった感じです。

この時に周りのスーパーとの比較もしたほうがいいですね。

今だったら新聞をとらなくてもネット上でチラスを見ることができます。

スマホやパソコンの環境がある人は自分がよく行くスーパーの広告を

見てみましょう。中にはネットの中にしか載せない情報もあるみたいです。

スーパーによっては会員登録してポイントがつくところがあります。

私の行ってるところも100円の買い物で1ポイント、1円相当のポイントが

つきます。

また、会員になると会員割引というのも受けられます。

私の利用してるスーパーでは金曜日は1割引きというお得な

サービスがあります。

スーパーの特色を理解して買い物をすればかなりの節約になると思います。

私のおすすめする500円玉貯金法

私は500円玉貯金法にはまっていて、とてもおすすめです。

この方法は、その名の通り、500円玉のみを貯金箱へ貯金していく方法です。

この貯金法をうまく進めていくために、三段階のステップがあります。

まず、第一段階として、家にいる時に気が向いた時に財布をのぞいて、500円玉があったら貯金をします。

強制せずに、自由にすることがポイントです。

始めは気が向いた時にだけにしましょう。

そして、この段階に慣れてきたら第二段階です。

第二段階では、外で買い物をした際に500円玉が発生したら、それを使わずに、帰宅後すぐに貯金します。

気を付けていないと、500円玉を買い物の際に使ってしまうので、しっかり別によけておき、帰宅後すぐに貯金しましょう。

そして最後の段階として、自ら500円玉を発生させるようにし、帰宅後貯金します。

その方法としては、500円以下のモノを購入する際に、小銭があっても、あえてお札を出すようにするのです。

例えば、200円のモノを購入する時に1000円札を出せば、おつりは800円になり、500円玉を発生させることができるというわけです。

このように段階を踏んで、500円玉貯金をしてみてください。

貯金箱が満杯になったら何に使おうか…と考えながら続けると、楽しく続けられます。