節約疲れ解消も大切

節約ブームもすっかり定着して、節約が当たり前の時代になっていますが、そんな節約ばかりの生活を続けているといわゆる節約疲れというものも上手に解消していかなければなりません。「節約疲れ解消のための貯金」というのができていればうまくガス抜きとなって節約ペースを乱さずに続けていくことができます。

そういった節約解消貯金がなければ我慢しきれなくなったときに歯止めが利かないようにお金を使ってしまうパターンが多く発生してしまいます。いわゆるダイエットといえばリバウンドが起こってしまうのと似た状態です。節約ペースを守り続けていくためにもときどきはご褒美として節約解消用に貯めておいた貯金から使うようにしておくとむやみにお金を使いすぎることもありません。

お釣りを利用した節約解消貯金でもいいですし、予算よりも安く購入できた時の差額などをコツコツ貯めておいてもいいと思います。それらはあくまでも生活費や通常の貯金とは別にしておいて使うということが大切です。貯まりすぎれば貯金に組み込んでもいいですし、旅行用などの貯金にもプラスしてもいいと思います。そういう貯金も早く使いたいと懸命に貯めるものでなくなんとかできている範囲で実行するのがコツです。