貯金ができない人への救世主制度

私も夫も昔から貯金が大の苦手でした。

しかし、結婚してからは万が一に備えての予備のお金を作っておかなくてはと貯金を決意、そんな時に私たちの救世主となったのは会社の『財形貯蓄制度』でした。

そもそも貯金ができない理由というのは、持っているお金を全て使ってしまう癖が夫婦揃ってあったからです。

そのため、私達が努力したのは財形貯蓄をすることではなく『財形貯蓄をしていることを忘れること』でした。

そもそも自分たちで銀行に行って手続きする必要がない財形貯蓄は、数ヶ月すると忘れてしまうものです。

そして1年たってから財形貯蓄の残高の通知が家に届いて夫婦そろってびっくり。

今まで貯めたことのない額が貯金できていました。

結婚を機に貯蓄をするということは、心機一転気持ちを切り替えるのにもとても有効的です。

自分達は特に何もしなかったにも関わらず、財形貯蓄で数十万の貯金に成功できた私達には自信と覚悟ができました。

私たちのように新たな生活が始まる新婚さんや新入社員の人、私たちのようにズボラでお金を使うのが大好きな人ほど財形貯蓄をしていくことをお勧めします。

財形貯蓄は申請さえしてしまえば何も面倒なことはなく、あとは会社に手続きを一任出来るというのもズボラ夫婦にはオススメです。